お問い合わせ
メールアドレス —
SNS —
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

AEyeはグローバルな成長を継続 – 日本オフィスを開設し、Adaptive LiDARの高まる需要に対応

東アジア地域における AEye の既存のサプライヤー、パートナー、顧客、およびシステム インテグレーターの基盤をサポートおよび拡大するための子会社
AEye、35 年の自動車業界エグゼクティブである三浦英介氏をカントリー マネージャーに任命

「私たちは市場の変曲点にあり、独自の適応型 LiDAR に多大な関心を寄せています。適応型 LiDAR に対する需要の高まりに対応するために事業を拡大しているため、日本のパートナーとの緊密な協力を楽しみにしています。」
Jordan Greene 氏、ADAS の共同創設者兼ゼネラル マネージャー、AEye 社の企業開発担当副社長

カリフォルニア州ダブリン – 2021 年 8 月 3 日 – アダプティブで高性能な LiDAR ソリューションのグローバル リーダーである AEye Inc. (「AEye」) は本日、AEye の既存の自動車、モビリティの基盤をサポートし、成長させるために東京オフィスを開設したことを発表しました。
日本の産業パートナー、サプライヤー、顧客、システムインテグレーター。

新しいオフィスは、ソシオネクストと富士通で自動車および IoT のゼネラル マネージャーおよびビジネス開発 (BD) ディレクターを務めた 35 年の自動車製品エグゼクティブであるカントリー マネージャーの三浦英輔が率いる予定です。
彼は、Continental や Denso などの企業での自動車の経験を持つ、熟達した BD、セールス、フィールド アプリケーション エンジニアリング チームと合流します。
三浦は、最近 AEye の ADAS 担当上級副社長に任命された Bernd Reichert の直属となります。
Reichert は、LiDAR およびグローバル ドライバー アシスタンス ビジネスを管理していた Valeo から AEye に入社しました。

「私たちは市場の変曲点にあり、自動車市場と非自動車市場の両方で強力な牽引力と同様に、当社独自の適応型 LiDAR に多大な関心が寄せられています。 AEye の企業開発部門。
「私たちがグローバルなテクノロジー ビジネスを構築する際には、日本やその他の地域のパートナーや顧客と緊密に連携することが不可欠です。
アダプティブ LiDAR に対する需要の高まりに対応するために事業を拡大する中で、日本のパートナーと緊密に協力できることを楽しみにしています。」

効率化と適応力をグローバルに促進
AEyeは単一の製品プラットフォームとサプライチェーンを複数市場で活用することにより、効率性を強化しながら自動車、モビリティ、産業市場への適応を加速します。AEyeは先日、共にエコシステムを構築する世界中のあらゆる業種のパートナーとの提携数が75社を超えたことを発表しました。
どんな業種でのアプリケーションにおいても、AEyeの適応力に優れた低コストの高性能LiDARはソフトウェアで簡単に設定可能で、各市場の特定用途に的確に対応します。AEye Japanは自動車、商業、産業など、世界のあらゆる市場のリーダーとしてトップレベルのパフォーマンスを実現し続ける日本のお客様のために、革新的なアダプティブLiDAR製品とサポートサービスをお届けします。

AEye独自のインテリジェントLiDAR(iDAR™)は、決定論的AIにより車両の周囲環境の中でその時最も重要な情報にフォーカスします。
これにより、極めて高い測距能力とコストパフォーマンスでより一層の信頼性、安全性、そしてハイパフォーマンスを実現します。戦略的投資や市場開拓を共に押し進めるAEyeのパートナーにはコンチネンタルAG、GM Ventures、スバル-SBI、Hella Ventures、LGエレクトロニクス、ペガサス・テック・ベンチャーズ(アイシン)、Airbus Venturesなどが含まれています。

今回は、AEyeが目覚ましい成長を遂げ、技術的進歩や事業規模拡大を経て製品化や大量生産に向けて着々と舵を切る中での発表となりました。
AEyeのiDAR™は、LiDAR業界全体をリードする極めて高いパフォーマンスを実現しました。その性能は独立検査機関による検証済みです。
また、現在AEyeは自動車分野での製品製造やGTMパートナーであるコンチネンタルAGと、自家用車や商用車のための超長距離測距に対応する高性能LiDARを共同開発しています。
さらに産業や航空宇宙など、自動車以外の市場で総合生産ソリューションのグローバルリーダーであるサンミナと共に、AEyeの4Sight™ Mの生産を9月から開始します。

ソフトウェア設定型センサーができることのチェックや、AEyeのiDARが提供する驚きのパフォーマンスをリアルタイムで体験するには、aeye.ai/demo-the-4sight-mをご覧ください。

AEyeについて
AEyeは自律運転、先進運転支援システム(ADAS)、およびロボットビジョンアプリケーション向けの高性能アダプティブLiDARシステムのリーディングカンパニーです。
AIを活用したAEyeのソフトウェア定義型iDAR™(Intelligent Detection and Ranging)プラットフォームはソリッドステート式アダプティブLiDARで、オプション融合の低照度HDカメラおよび統合型決定論的AIを組み合わせ、より少ないデータでよりインテリジェントな情報をキャプチャし、高速かつ正確で信頼性の高い認知機能を提供します。
AEyeはサンフランシスコ・ベイエリアを本拠地として、Kleiner PerkinsやTaiwania Capitalをはじめとする世界的な投資会社をはじめ、GM Ventures、コンチネンタルAG、Hella Ventures、LGエレクトロニクス、スバル-SBI、ペガサス・テック・ベンチャーズ(アイシン)、Intel Capital、SK Hynix、Airbus Venturesなどによるバックアップを受ける企業です。